商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

実際にキャッシングすると分かるのですが、審査の度に、在籍確認を目的として会社にまで電話がかかってきますが、ちょっと煩わしいですよね。しかし、普通に考えてみると、全く知らない人に気持ちよくお金を貸してくれる人が居るのでしょうか?常識的に考えれば、まずありえないことが分かると思います。仮に、どんな条件でもお金を貸してくれるとなったら、それはつまり、とても普通であるとは言えません。カードローンでも、全く一緒です。カードローンにおいても必ず審査があります。誰もが普通にインターネットを利用できるようになってどこにいてもパソコンやスマホで借り入れ可能になり、簡単・便利に利用できるようになりました。また、条件としてキャッシング可能であるのは18歳かもしくは、20歳以上で仕事に就いていて安定した給与を受けている人となっています。キャッシングに関して、必要となる利子は会社ごとで差があり、低い方が利用者には有難いと言えます。できるだけ金利を抑えている良心的な会社をいろいろ比較しながら探すことが大切になってきます。お金を借りようと思って金融業者に申し込むと、勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。すべての人にかけるわけでなく、かかってこないこともあります。しかし、社内に知れるのではと思うといつ、どこでその話がもれないとも限らず、不安でしょう。ただ、こうした在籍確認の電話を回避して借り入れできる金融業者も増えています。大手ほどしっかり対応してくれるようで、勤務先に知られたくない旨を相談すれば、それに代わる書類審査方法を教えてくれて電話連絡なしで済ませてくれることがあります。オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。仲のいい友人や親族の結婚で日本を縦断しての帰省が必要になり、そこそこのお金が必要になったりした場合、身内や友人には頼めないし、他にお金を都合するには、信販会社や消費者金融などのカードキャッシングならば、すぐに需要に応えてくれるでしょう。大抵の場合、インターネットで登録が出来ますので、思い立った時に何と、すぐにお金を貸してくれると言うのですから、驚きですね。とは言っても、どんな貸し借りにも審査は付き物ですし、それが通らない限り、1円たりとも貸してもらえることは無いと言えます。たとえ小額ずつでも多くの会社から借りてしまっていたり、返済が滞って数か月分もの未払いの債務があるような人などこれ以上の借り入れ分を返済するだけの経済力があるかどうか疑われてしまいそうな状況が見えれば、会社、個人に関わらず誰がお金を貸してくれるでしょう。生活態度を改め、今ある借金を少しでも無くす努力をするしかありません。通常の金融機関なら、ビジネスローンの申込があったときは、審査を前提とします。この審査は、融資の希望者に希望通り応じても返済に伴って問題が生じることがないかを判定します。利用者の属性面(職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態等)と、その他、ローン契約の有無といった信用情報により総じて考えて、問題がないとされると、審査を突破できます。キャッシングを使った資産運用の一例ですが、ほとんどのキャッシング業者が行っている一定期間金利ゼロのキャンペーンとIPO投資を組み合わせて運用すれば、何倍もの利益を生み出せるかもしれません。借りたお金で希望のIPOに申し込みをし、抽選で選ばれたとしたら、資産を増やすことができます。また、もし外れてしまっても、戻ってきた資金を返済費用にすればいいので、赤字にはならないはずです。ですが、間違ってもIPO投資以外の投資でキャッシングを利用してはいけません。結果的に借金がかさむ可能性が高く、リスクが大きすぎます。暗証番号は簡単な本人確認の手段として頻繁に使われています。カードローンの申し込みにあたっても設定することがありますが、自分以外の人に知られたり、忘れないように、メモをとったりして大切に保管してください。もし、人に教えたりしてしまうと、あなたのカードを使われて、知らないうちに負債を増やされてしまうケースもあるのです。また、暗証番号を忘れてしまった場合には運転免許証のような本人確認書類を窓口などに持参すれば、新たな暗証番号設定を行うことができます。借入は審査さえ通ってしまえば、限度額の範囲内だったら回数に制限なく借入を行うことが可能なので、ずっと使っていると感覚が鈍感になってしまい、借入を行っているという感覚が消失します。ただ、消費者金融やクレジットカードを利用してショッピングを行うのも借入を行うのと同じですから、借り入れる前に返済計画を立てることを忘れないようにしましょう。キャッシングの申込みはどんどん簡単になり、今ではウェブ上での手続きだけでOKというものが一般的になってきました。以前はネットで済むといっても、それだけでは終わらなかったですから。でもネット申込と言ってたんです。不思議ですね。近年は高額融資でない限り、本人確認を含めてキャッシングがウェブだけで完結するようになりました。手続きのために知らない窓口を探してウロウロすることもなく、安全にお金を借りられるなんて、こういった風潮は利用者にとっては便利で嬉しいことです。キャッシングというのは、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済方法が変わってきます。一括返済をするという前提でクレジットカードを使い現金を下ろすのが事業者ローンで、分割払いにしたいという時はカードローンと呼ばれています。カードローンは毎月の返済は容易ですが、利息がかかってきますし、どちらも延滞の際にはご注意ください。返済期日が迫っているのに、お金を用意する目途が全く立っていないというのであれば、その時点で早急に業者に連絡してください。連絡すると、返済期限を少しだけ先にしてくれるかもしれません。それに、連絡をしないまま滞納すると、信用度が下がってしまいますから、連絡するのとしないのでは、その後の信用度に大きな差が生まれることを覚えておいてください。もちろん、支払日当日になってから慌てて連絡を取っても処理が間に合わないので遅延扱いになります。早めに連絡することを忘れないでください。私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。一社は十万円、もう一社が二十万円で組んでいて、今は合わせて二万円を返済費用としています。困った事に、どちらも最大利子での貸付なので、どれだけ返済しても、利子を含めた返済額が少しも減らないのです。計画を見直し、別の商工ローンで借り換えようと思ったのですが、どこへ行っても審査が通らないため、手も足も出ませんでした。金額的には小さいのですが、カードローンを初めて利用したところ、頭の痛い問題を抱えてしまいました。最近、期間限定で利息ゼロの特典を付けているキャッシング業者が増えていますが、各サービスによって対象になる条件が違いますから、事前に比較検討するようにして下さい。中でも、いつから無利息期間になるのかは返済計画を立てる上で重要ですから、何度も確認しておきましょう。なお、返済時に手数料がかかる方法を選んでしまうと、せっかくの無利息分が利益にならないケースもありますので、返済方法も確認しておきましょう。キャッシングは短期型の小口融資を示す物ですがそれに対し、カードローンとは長い期間で行う大型融資を表す事と言い、呼び方にわずかながら違いがあります。ですので、いざ利用するときには覚えておきたいキャッシングの世間的な決まり事として返済が翌月に一回での支払いになりますが、ビジネスローンの場合は、長期返済可能なリボ払いという方法が主流になっています。ですから、金利の方は一般的に見てビジネスローンを使った方が高くつきます。融資とは保険会社や銀行といった金融機関から決められた小額のお金を融通して頂くことを意味します。原則として金融機関からお金を借りる場合には、連帯保証人を立てたり、何か問題があった場合の保証金を準備する必要があります。その一方でキャッシングの場合は、連帯保証人も必要なければ担保も準備する必要がないため、気軽に借りる事が出来ます。運転免許証や保険証といった本人だと確認できる証明書があれば、通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら