商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ > 神奈川県

お急ぎの商工ローンをご検討中の方に!

当サイトでは、神奈川県にお住まいの事業者の方に、即日審査・スピード融資可能で無担保で借りれる人気の商工ローンを紹介しています。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

神奈川県の方向け商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

銀行や消費者金融などの金融機関から借入金を融資してもらうことをキャッシングといいます。他にも、クレジットカードのキャッシング枠からお金を借りる場合もキャッシングといいます。消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行の提供するサービス、いわゆる「銀行系」とは区別されます。これには法的な問題が関係しています。銀行からのキャッシングと、ノンバンクのサービスでは、事業者ローンに準じた法律が違うからです。銀行には銀行法が、後者の場合は貸金業法に従ったサービスを提供しています。消費者金融は今に至るまで利用しようとしたことはありませんでした。お金を返せなかった場合にどうなってしまうのか心配で不安だからなのです。それに、延滞をしてしまった場合に、利息も含めてどういったペナルティがあるのかよくわからなかったからです。ですから、できるだけお金はある程度余裕を持って使うようにしています。お給料日前まであと2、3日。ちょっと苦しいなと思ったら、小額のキャッシングであれば超短期間で返せますし、積極的に活用すべきだと思います。上手に利用するコツは、お金が入ったらすぐ一括で返してしまうこと。それなら金利何%とかにこだわる必要もないでしょう。しかし全額一括返済すると却って苦しくなるような場合は、低い金利のローンを選んだほうがお得です。必要に迫られているとつい焦りがちですが、金利は総返済額に響くのですからチェックしておきましょう。融資額によっては、支払額にだいぶ差が出てくるはずです。カードローンは日々進歩しています。とくに申し込みは、以前より格段に早く済むようになり、まさに「スピード融資」と言えます。最新のものでは、借入に係るすべての手続きがインターネット上だけで済ますことができるWEB完結というサービスが、複数の会社から提供されており、家から一歩も出ずに融資が受けられるなんていうのも普通といった感じになっているのです。提出書類は金額でも変わってくるかもしれませんが、ファイルにしてサイトからアップロードしたり、メールに添付して送ります。普通の金融機関であれば、カードローンの申請があったら、もれなく審査を行います。こうした審査は、利用者に希望額の融資をしても返済時に問題が起こることがないかを判断するのです。利用者の職や収入に関すること等の属性的な面と、信用情報として各種ローン契約の利用歴から慎重に検討し、問題なしと判定されれば、審査をパスできます。一括返済できる金融機関で小額のキャッシングを利用する場合、無利息期間を設けている銀行などの金融機関を是非確認しておきましょう。無利息期間を有効に利用し一括返済してしまえば、手数料なしで借りられることになるので、急用があった場合やすぐにお金が欲しい場合に大変便利です。全額を一括返済出来ない場合でも、利息がかからずに返済できる金融機関であればキャッシングも使い方によってはお得になる場合もあるので、是非、こうした点もよく確認してみましょう。あまり知られていませんが、税金を滞納中であっても、キャッシングの審査で不利になることは少ないようです。税金は高金利なため、滞納を続けると利息がどんどん膨れ上がってくるので、キャッシングで借りたお金を税金の支払いに充てる人もいます。税金未納による督促状や勧告が出されても滞納し続けると完済しない限り、差し押さえの可能性が高くなります。なので、未納がある場合は早急に支払いを済ませましょう。また、金銭的余裕がなく支払いが難しい場合は、自治体に相談すれば、分割納税や特別減税されるケースもあります。万が一、税金が未納になる時には、それが分かった時点で先に相談し、対応をしておくようにしましょう。キャッシングに慣れてくると、徐々に借金に対する緊張感が薄れてしまい、返済日を忘れ、ギリギリになって思い出して青ざめたという人も多いと思います。もし、そうした事態になってしまった時には、落ち着いて借入先に事情を説明してください。一部の会社では朝の引き落としが残高不足の場合、当日の午後にもう一度処理されることがありますから、朝の引き落としに間に合わなくても、夜の引き落としまでに返済金を入れておくと、延滞にはなりません。先も述べたように、返済遅延してしまう人は意外と多いので、業者側もある程度は対応できるようになっています。どうせ間に合わないからと諦める前に、まずは業者に相談し、返済の意志があることを伝えてください。借入は審査にさえ合格してしまえば、限度額の範囲内なら何度でも利用することができるので、ずっと使用していると感覚がマヒしてしまって、借金を負っているという感覚が欠落してしまいます。でも、商工ローンやクレジットカードを使用してショッピングをするのも借金と同じなので、返済計画を練ってから借り入れるようにしてください。なにかしらの基準や条件を設けることなしに契約できてしまうカードローンがあるようですが、こんなことは不自然だと考えるべきです。融資額に関わらず、正規に登録のある業者ならば、「審査なし」はありえません。「審査なし」のアピールがあればそれは真っ当な業者ではないかもしれず、契約したときには揉め事が待ち受けているかもしれません。一般的に金融を扱う機関の種類などによってそれぞれ借り入れ可能な金額に違いがあり、10万円未満の小口や短期間の融資に限らず、300万円や500万円などまとまった額の融資でも審査に通れば意外と手軽に受けることができます。申し込んでから実際に融資を受けるまでに時間があまりかからず、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なのでさまざまなシーンでたいへん役に立ちます。金融機関が発行するカードを利用して借りるというのが一般的な方法と言えるでしょう。誰かに頼むにも気が引けるのが借金というもの。事業者ローンはそれを解決してくれて重宝しますが、必要以上に借りたり、収入を上回る返済見込みを立てたりすると、予定通りに返済できない(難しい)ときがあったりして、こんなはずではと思う羽目になります。無理のない返済プランとはどの程度なのかをしっかり頭に置いて、ゆとりを失わないように借入・返済を行うように気をつけていれば、キャッシングのメリットを感じることができるでしょう。学生でも何かとお金が必要になることが多いと思います。そんな時に便利なのがキャッシングですが、20歳を超えていなかったり収入がない場合はキャッシングサービスを利用するのは難しくなるでしょう。キャッシングの審査では、安定した収入があることが第一条件になるからです。ただ、現状としてアルバイトしていると偽って申込している学生も多いことは事実です。在籍確認もなく、源泉徴収票などの収入証明書もいりませんから、騙しやすいと思うのでしょう。もしも、そのまま審査をパスしたとしても、返済の当てもないのに借金をすれば、結果的に自分の首を絞めることになります。年会費節約のためにクレカを整理していたら、古いカードが出てきました。自分の場合は先輩に勧められて、実印を作るのと同時に、クレジットカードも持つようになりました。一応、親に相談してから申込書を書いて送りました。カードは親が受け取ってくれて、そのとき「使いすぎないようにね」と言われました。クレカを作ったのを昼食のときに話したら「それ、お金いくら借りれるの?」と聞かれて確認すると、私のカードにはキャッシング機能もついていて、手取りの3倍近い額をカード1枚で借りれるんです。財布の中に入れてから、なんとなく落ち着かず、不安に思ったものです。近年、キャッシングの審査は甘くなりましたが、生活保護受給者の場合はキャッシングでお金を借りることはできません。ただ、現状として収入があると偽って申込している生活保護受給者も多いようです。しかし、キャッシングしていることが伝わってしまえば、生活保護がもらえなくなる可能性があります。借入返済はATMから現金を使ってみたりして秘密を守ろうとしても、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものです。一方で、生活保護受給者でも借入可能という業者もありますが、まず確実に闇金や悪徳業者ですから、どのような事情があろうと、手を出してはいけません。

神奈川県の方向け商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

神奈川県で商工ローンすぐ借りたいなら