商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ > 茨城県

お急ぎの商工ローンをご検討中の方に!

当サイトでは、茨城県にお住まいの事業者の方に、即日審査・スピード融資可能で無担保で借りれる人気の商工ローンを紹介しています。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

茨城県の方向け商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

ひとつのキャッシングサービスでは借入金が足りなくなった時、他の業者と契約してお金を借りたいと考える方は多いです。他のキャッシング業者と契約できるかどうかは、その人の職業や収入など、社会的信用度の高さで判断されます。しかし、たくさんのキャッシング業者を利用すると、信用度が急落し、ブラック扱いになる可能性があります。また、無事に契約できたとしても、複数契約は返済が複雑になります。おまとめローンなどを使って一本化しようと思っても、一般的に、契約業者が4社より多いと、利用は難しくなります。継続的にキャッシングを活用しようとお考えであれば、少ない数のキャッシングサービスをうまく使ってやりくりしましょう。事業者ローンにおける適合審査では、在籍確認、書類審査、属性審査といった内容からその人が本当に信頼できる人であるかどうかをみる信用情報もみられます。これらの情報を基にした上で、申請者には借りたお金をしっかり返せる能力があるのかどうかの決断を下します。もし申請した内容が嘘の内容であったり、事実と異なる場合には調査の時点で落とされてしまうかもしれません。いくつかの金融機関からお金を借りていたり、今まで事故を起した経歴のある人は、キャッシングの審査で落とされる可能性が高いでしょう。借金に慣れていない人が陥りやすい問題をお教えしましょう。それほど難しいことではありません。基本は、自分で見積もった返済可能額は上限を見ずに、下限を見て予定を立てることです。そもそも借りたお金の返済に充てるお金というものは、返済開始直後には、完済のイメージが大きく頭の中を占めており、ちょっとぐらい高めの設定になっていても、頑張って返さなくてはという思いのみで楽に捻出していけます。こんなことを言っては何ですが、それはあくまでも錯覚です。何か困ったことが起こって当然なのです。返済の計画というものは、最初に決めた額をただ機械的に払い続けることしか求めておらず、返す人の状況など考慮の対象外なのです。だからこそ、月々返済出来そうな金額を2通り考えておき、その中から端数が出てもいいので、できるだけ返済額を低く設定しましょう。会社や個人によっては、下限額の引き下げに応じてくれないところもあるかもしれませんが、完済は双方の利益になりますから、とにかく交渉あるのみです。スマホやネットの普及により、最近の事業者ローン契約はインターネットやスマホアプリで手続きできてしまいます。数年前にもネット申込はありましたが、勤務先への在籍確認に時間がかかったり、収入証明が必要だったりで、ユーザーメリットが少なかったんです。いまはよっぽど高額を借り入れるのでなければ本人確認を含めてキャッシングがウェブだけで完結するようになりました。PCの前に座っているだけで(スマホなら外でも!)手続きが済むのです。こんな時代になるなんて、嬉しいことですね。まさに隔世の感です。事業者ローンサービスでお金を借りたいけれど、審査に受からないという人もいるでしょう。でも、合格したいあまりに虚偽の内容で申し込むことは厳禁です。業者も申請内容を鵜呑みにはしませんから、書類内容の真偽を確認しています。勤務先などの嘘はすぐに発覚しますし、たとえ審査に受かったとしても、返済が滞るなどで申請内容の虚偽が発覚すれば、業者から一括返済を求められたり、契約解除され、一切お金を借りられなくなります。このような情報が信用情報機関に登録されると、他の業者からもお金を借りることができなくなりますから、正直に書くようにしましょう。お金が無く、誰か、もしくはどこかの会社から借りようと思い立った時、それなりに返せる見込みがあり、もしもの場合、肩代わりしてくれる人まで付けるのが当然で、その人の収入に関する保証がいらないなんて事は、あり得ないほど無謀なことだと誰でも考えるはずですが、ここ最近、金融事件多発で連帯保証人になることの怖さが周知され、設定困難になったためか、ある程度以下の金額であれば、一切の収入証明関係書類の提出不要と言われることが、常識となってきています。聞いて驚きましたが、小額と言うのに幅は数百万円まであるということで、その設定には驚かされます。小額どころか、超高額だと思うのは私だけではないでしょう。以上のようなわけで、大抵の借り入れが、誰でも何の収入保証も必要なく出来、余分な手間が省けるようになったのです。借金で首が回らなくなる人が、これでずいぶん減るに違いありません。一般的によく聞くキャッシングで支払いを怠っていたら差し押さえられるというのは現実にあることなのでしょうか。私も実際にキャッシングを利用したことがあり、何回か滞納をしてしまったことがありますが、差し押さえになることはただの一度もありませんでした。滞納を何度もしたら差し押さえされてしまうのかもしれません。カードローンの契約で多くの場合、公的機関が発行する身分証が必要です。例外として、50万円以上の借入の場合や、安定した収入がある給与所得者以外だったら、一緒にどれくらいの収入があったかを示す公的書類を提出せねばなりません。また、一般的に電話で行う在籍確認を書類提出を代替物として済ませたい場合、その書類等の代替品の用意も必要です。申請する信用金庫などの金融機関によっては、借用限度額がそれぞれ異なる場合があり、数千円といった小額のお金からその日のうちにすぐに融資をうけられるもの、逆に500万円前後の高額融資を受ける事も申込みさえきちんとできれば受けられます。また申込みをしてからの対応も早くスムーズで、急いでいる時でもすぐにお金を受け取ることができるので、とても便利でおすすめです。基本的にはカードを利用して借入れをするというのが、基本になっています。ネットバンキングは手数料も安く、ネット環境にいればすぐに手続ができるという手軽さがあって、多くの人が活用しています。また、ネットバンキングに対応した企業も増えています。このような金融機関のネット進出は事業者ローン業界でも同様で、オンライン事業者ローンも多くのサービスが登場しています。ネットを利用したキャッシングは対応が早いので、当日中にお金を借りることもでき、大変便利です。郵送されるキャッシングカードの到着を待たなくてもキャッシング業者からご自身の指定した口座に貸付金が振り込まれます。また、比較的、低金利なのも人気の理由のひとつです。でも、審査が甘いわけではないので、不合格になって融資が受けられない場合もあります。借金返済には沢山のやり方が用意されています。具体的な例を提示するならば、次の期限までにお金をそろえて返済する基本的な計画プランである「1回払い」や、借りたお金を何回かに分散して返すことのできる「分割払い」など、いろいろな返済方法があり、返済のしかたによって金利にも変化があります。キャッシングをするときに会社の『信頼度』を気にして、その尺度に大手であることを挙げる人は多いです。モビットやノーローンなどの銀行系はATMの横に広告があったりで、結構見かけるはずです。また、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどが認知度も高いでしょう。「宣伝費かけちゃって、高いだろうな」と思うのは実は間違い。こういう会社のウリはやはり『お得感』です。なんといっても利率が低いのです。返済するときは、元金に利息分を加えたものを支払うので、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実に総返済額が減らせますし、キャッシングで一番怖い「延滞」の危険性も避けられます。実際のところ、カードローンはアルバイトでも借りられるのかと疑問を持つ方もいると思いますが、何の問題もないでしょう。借りたら返す必要がありますので、審査には一定の収入が必要ですが、必ずしも正規雇用者である必要はないのです。そのため、アルバイトとかパートの人の場合も月々に一定した収入がある場合は、返済に困ることは無いですし、審査に通ることもあると言えるでしょう。何に使うかに関係なく借りられるのがビジネスローンのアピールポイントにもなっているのではないでしょうか。その資金を何に使うのか問われた際、返せる見込みのある目的であれば返せる見込みがあると判断されれば内容は問われません。ただし、返済能力が著しく低く思われる内容は使わないようにしましょう。他社から借入れている分の「返済資金」は理由にしてはいけません。その理由を変えない限りどこの審査でも通りません。普通、クレジットカードというと、ショッピングの際の現金代わりに使われるイメージが強いですが、現金を借りることができるキャッシング枠がオプションでついているものもあります。利用した場合、返済は原則、一括返済です。あくまでオプションサービスのキャッシング枠ですが、逆に、キャッシングのみに機能を絞ったものもあることをご存知ですか。こうしたキャッシング機能だけをもったカードは、クレジットカードと区別するため、一般的にローンカードと呼ばれます。クレジットカードのキャッシング機能ですが、キャッシング枠をつけるのか、限度額はいくらか、といったことはそのクレジット会社が審査をしています。

茨城県の方向け商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

茨城県で商工ローンすぐ借りたいなら