商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

カードローンによる融資は、今や即日で行われるものが殆どです。例えばネットで申し込みをしたとしますよね。すると数時間経ったらもう振り込まれているんです。先に現金を振り込み、カードの発行は後から行うという訳です。とはいっても、実際にカードが届いた後もネットに限って利用するという使い方も出来ますから、事実上、カードレスローンと言っても問題ないのではないでしょうか。キャッシングはそれぞれの会社でサービス内容にはさまざまな種類のものがあるためもっともお得と思われる会社を選んでみるのがおすすめです。例を挙げれば、一定期間における金利がタダになるというお得なサービスがあります。とりわけ借りる額が大きい場合は結構大きな金額になることも考えられますので、どうやってキャッシングを選ぶべきか悩んだ時には基準にしてみてはいかがでしょうか。キャッシングを利用したいんだけど仕組みが難しそうなので敬遠してしまっている方は珍しいことではないでしょう。意外に仕組みは単純なのでここは思い切って申し込んでみてはいかがでございましょうか?ここのところは、キャッシングも即日可能な業者がたくさんあるのでお勧めですよ。テレビや雑誌などでさまざまなキャッシングサービスの宣伝を目にした方も多いと思います。これまで一度もキャッシングをしたことのない人からしてみると、どのサービスも似たり寄ったりに思われがちなのですが、金融機関によっては借入期間にキャンペーンを行っていたり、金利も同じではありません。キャッシングを利用するにあたっては、このあたりをしっかりとチェックするようにしましょう。理解しないままお金を借りると、少額の借り入れでも、何度も事業者ローンを利用しているうちに相当の金額になってしまうこともあります。カードローンの決め手となる目安は個人差があります。真っ先に思い当たるのは金利かと思われますが、借入時や返済時に付近に手数料が要らないATMはあるか、または、給料日より前に返済日が来ないようにしたり実用性に優れているだとか使い勝手を優先したりと選び方は様々です。金利だけに気がいって、生活に支障をきたすようなビジネスローンにならぬよう注意してください。よほどお財布事情に余裕がない限り、キャッシングやカードローンを利用することもあるはずです。自分は関係なさそう、なんて思うのは自由ですが、知識がない、初めてだと自覚しているのにも関わらず、名前も知らないような金融業者などでお金を借りると、法外な金利や条件づけでヤバイ事態にはまりこむことにもなりかねません。借入には契約が伴います。変なところと契約しないようCMで認知度が高い企業や銀行などの中から借りるようにすれば安心でしょう。無事にカードの審査が通ったら、利用する時に注意する事について説明を受けるでしょう。今回の利用が初めての場合は、丁寧に説明されて、少し時間が掛かってしまうことがありますが、きちんと耳を傾けていなければ返済や延滞などについて不明な点も出てくるでしょう。この説明をする時間があるので、30分しか審査に時間が掛からない業者でも、全てが終わって借入ができるようになるまでにはおよそ一時間ほどはみておいた方がいいでしょう。ひとくちにキャッシング業者といっても、一般的な知名度がある大手の業者から知名度の低いところまで、様々な業者が混在しているのが、最近のキャッシング業界です。それぞれに特徴を持ったサービスを提供していますから、金利を基準にするだけでなく、利用可能なATMや融資までの時間など、利用条件も頭に入れながらピッタリの業者を見付けてください。大手企業のプロミスの場合、最速1時間での融資が可能です。それに、新規の場合は30日無利息ローンが適応されます。お金を振り込みで借りられるカードレスサービスもあるので、カードを持つことに抵抗がある人にも最適でしょう。現在、借りている業者よりも低金利の業者に借り換えるというのは、ほとんどの場合でお得になる方法です。多くの借入先がある時は、借り換えで一つにまとめることができるのであれば、ますますメリットは大きくなります。実際問題、一本化すれば、返済を行う業者が一つになって、返済の管理が何よりも簡単になり、なおかつ、借入額が高額になることによって金利が低下する可能性が高いです。お金を借りたい場合に比較をしてみることは必須だと言えますが、比べる条件としてもっとも大切なのは金利の率です。借り入れるお金があまり多くなく短期返済をするのなら金利以外のことを重要視してもいいのですが、金額が多かったり返済までの期間がかかりそうな時にはできるだけ低金利を選択すべきです。カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。厄介なのは限度額という決まりがあることで、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、法律で、上がり過ぎた借り入れの限度額を抑制するためです。このことは、カードごとに規制されるというものではなく、持っているカードが何枚であっても、事情は同じで、全てのカード利用分と、カードを使用しない借入金があればそれも含めて対象の規制なので、余分に借りることはできなくなり、契約中の借入金の把握がしやすくなりますね。手持ちのローンカードで既に50万円の借り入れをし、現在返済中だとすると、総量規制で設定された額から50万円か、あればそこからの返済済み分を計算して差し引いた分が今後借り入れ可能な金額ということが分かります。身の破滅を招く借金地獄に陥る人も減ることが期待できますね。世間一般でよく聞くキャッシングで返済をしなかったら差し押さえられてしまうというのは実際にあることなのでしょうか。私も実際にキャッシングを利用したことがあり、数回滞納をしたことがありますが、差し押さえされたことは一度たりともありませんでした。滞納を繰り返したら差し押さえされるかもしれません。キャッシングの利用を初めて申し込む場合には希望の額を書いて申請しなければなりません。金額をどうするか迷う場合も多いですが、最初の申込の時点であまり高い金額を申し込むと拒絶されてしまう場合があります。ここは最初ですから、なるべく低めの金額を提示しておいて、返済の実績をきっちり作ってからもっと多い金額を申請するという方法が存在します。キャッシングとは短い期間で行う小口融資をあらわす事と呼びますがそれに対し、長期で行う大口の金額融資をカードローンと言い、呼び方にわずかながら違いがあります。ですので、いざ利用するときにはキャッシングの定められたルールとして翌月・一括払いでの返済方法ですが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。そのため、一般的に金利はカードローンの利用の方が高くなります。これからも日常的にキャッシングの利用を考えている方は、生活圏にその金融機関に対応したATMがあるかどうか確認してからサービスを選択してみるのも良いでしょう。また、便利な場所にATMがあると、安易にお金を借りてしまいそうだと不安な方は、逆に遠く離れたATMを利用しなければならない金融機関のキャッシングを選ぶのも間違いではないですが、それは同時に、返済する際にも遠くのATMまで出向かなければいけないという欠点でもあります。ご自身の性格や環境を踏まえ、それぞれのメリットやリスクを知ってから業者を選ぶと、失敗も少ないでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら