商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

必要な時にすぐにお金を貸してもらえて、近くのコンビニや銀行から返済もできてしまう便利さがインターネットキャッシングがキャッシングの主流になっている大きな理由です。基本的にネットの中で完結できるので、誰かに知られることなくお金を借りられるのも、ポイントが高いです。家族が利用明細書を受け取ってしまい、そこからキャッシングがバレるという話がよくありますが、ネットキャッシングの明細は基本的にネット上で確認するので、利用明細書を自宅に送られるケースは少ないです。こうしたネットキャッシングとネットバンキングを組み合わせて使うと、借り入れの確認や手間が省けて便利です。例え、不慮の事故やトラブルに見舞われたのだとしても、借りたお金を返済期限までに用意できず滞納してしまったら、しばらくして、申し込み時に記入した希望連絡先に電話がかかってきます。例えば勤務先や親族など、無関係な場所への連絡は控えてくれますし、業者が自宅までやってきて取り立てを行うようなケースは、現実にはほぼありえないでしょう。ですが、電話だけなら大した問題ではないとは思わないでください。延滞し続けていると、情報機関では金融事故として登録され、一定期間キャッシングでお金を借りることもできなくなりますし、場合によっては他の業者のローン契約すら利用できなくなるかもしれません。時間のない中だとしても、ビジネスローンを申し込む前にまず、比べてみてから判断しましょう。銀行か消費者金融がカードローンの申込先としては挙げられますが、金利が低いのは大概銀行の方です。とはいえ、その一方、審査通過のしやすさは、商工ローンの半分といわれています。さらに、消費者金融だったら、問題がなければ、短時間で借り入れ可能なので、両者ともメリットとデメリットが挙げられます。直接会うことなく、ネット上で進められる申し込みでは、サイトを通して、ビジネスローン契約まで可能なWEB完結の申請のやり方を選べることがほとんどです。従来の方法なら手間だと感じがちな紙の書類の提出がWEB完結だといらず、デジタルカメラなどで撮ったものを送ればよいのです。それに、勤務先へかかってくる確認の電話も書類を使って、在籍していることが証明できればいいので、休日でも待たずに契約することができるのです。キャッシングは急なお金の工面に役立ちますが、高価な買い物で分割払いする際にも便利なのがキャッシングです。下調べをしておいて、一定期間金利ゼロの特典が付いたサービスを探すと、さらにお得です。皆さんご存知のように、利息ゼロのサービスは新規契約時に限られることが多いです。しかし、完済後に時間をおけば利息無料キャンペーンに申し込める業者もあるようです。爆発的にインターネット社会が進んできており、お金を借りる際にもパソコン・スマートフォンがあればOKなので面倒な手間もなく楽々使えます。続いて、融資が受けられる世代というのはすでに仕事をしているという18才を超えている年齢の方であり、定収入があり、きちんと毎月もらい続けているという方です。キャッシングをする場合の年利というのは、業者それぞれ別々に設定されています。そういうことなので、良心的な利率で提供している所を探していくことが不可欠であると言えます。キャッシングとビジネスローンは似た感じでATMで借入可能なので異なる部分が分かり難いですが、返済方法が違うのです。キャッシングは一括払いが常識で、カードローンは分割払いが当たり前とされています。ですが、近頃ではキャッシングでも分割やリボ払いの方法を選べるところもありますので、確かな境界線が少しずつ減ってきています。ちょっと前に、当日のうちにキャッシングしてほしいなと思って、スマートフォンから借入れ申し込みを行いました。スマホから申し込むを行うと、手続きが早くなるため、借入れ金が口座に入るまでの時間が大変早く短縮できるからです。そのため、ごく短時間で、入金してもらえたのです。キャッシングの審査に通るか心配だという方は金融業者のサイト上に大抵ある簡易審査というものをやってみるべきです。これは匿名で行え、数項目だけ記入で融資に問題がないか直ちに審査してくれる有益な機能です。でも、これを通貨したといっても本審査においても必ずパスするとは限りません。キャッシングをしたときの返済方法はたいへん多くなっており、指定されたATMを利用したり、ネットを使って返済するという返済方法も使えます。口座振替が一番安心で、この方法なら返済を忘れることはなくなります。どの方法で返すかは自由です。消費者金融などで借り入れをしている人が所在不明になった場合、、借りたお金を返す時効は存在するのでしょうか?あるとすれば、どこへ行ったか分からなくなってしまったことにして、人があまりいない田舎にでも隠れて借金の時効が経過したら帰る       などと考える人も存在するのではと思われるのです。突然のトラブルでお金が必要になってしまった方は、オンラインキャッシングが便利です。申し込みから融資までが早く済ませられるので、使ってみてはいかがでしょうか。審査に落ちてしまうと貸し付けてもらえません。ですから、審査に長く時間がかかって欲しくない場合にも良いでしょう。業者によっては、希望する銀行口座に貸付金を振り込んでらえるサービスもあるので、申し込み手続きをする前に、サービスの詳細を確認しておくと良いでしょう。キャッシングで他の会社から借入が多くある人は気をつける必要があります。これまでで3社以上の他社借入がある時は、キャッシングを申請しても審査を通過できない可能性が高いです。近頃の審査は、申込者の信用情報の確認をかなり厳正に行う傾向が多くなっているのです。日常的な出費ややりくりが上手な人でも、必要に迫られてタイミング的にお金を借りる必要が生じることはないとは限りません。でも、紹介されたからとか友達が利用していたからという理由で安易に個人を名乗る金融業者さんや無名の会社でお金を借りると、途方もない借金や違法な要求をされることにもなりかねません。借入には契約が伴います。変なところと契約しないようよく考えた上で、銀行のビジネスローンや大手金融会社などから借りればトラブルも防げます。キャッシングを利用するための審査では、主に属性審査、在籍確認、信用情報に加えて書類確認の4つがあります。これらの情報を調査した上で、申請者が借入れした場合に、きちんと返済できるかどうかを判定します。もしも、申告した内容に嘘の内容があると審査に通ることはまずありません。既に多額の借入れがあったり、過去に事故を起した事のある方は、キャッシングの審査には通らない可能性が非常に高いです。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら