商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

様々な業者で取り扱ってはいますが、ローンの契約を考えているなら、大規模な業者を利用するのがベストな選択です。大手の利用にはメリットがたくさんあります。申込がインターネットや自動契約機でも完了し、急な借入や返済も全国のコンビニATMで行え、サービスで利息不要期間があるのも嬉しいですね。それぞれの業者で行っている特有のサービスも利用できるので、そういったサービス内容で検討するのもよいでしょう。急ぎであったとしても、初めてカードローンの利用を始めるに先立って、比べてみてから判断しましょう。カードローンは銀行とか消費者金融で利用することができますが、低い金利で利用できるのは銀行です。とはいえ、その一方、審査での通りやすさは消費者金融に大きく引けをとります。加えて、消費者金融の場合には、借入までに要する時間が短いのが特徴で、双方にメリットとデメリットがあるようです。キャッシングというフレーズは、いわゆる貸金業者から大きな金額ではなく、数万円前後くらいからの借金を借り受けるという状況で使われています。業者からお金を借りるという選択肢を選ぶなら、通常はもし返済が出来なくなったら…ということを想定しての準備が要ります。ところが、キャッシングを使うという際には用意が難しいことも多い連帯保証人や、不動産などの担保の強制もありませんから、スムーズに手続きしていくことが可能です。健康保険証やパスポート、運転免許証といった本人だと分かるものがあると、大半の方が素早くお金を融資してもらうことが可能だと言えます。現在、ビジネスローンを組んでいます。それも二つの消費者金融においてです。具体的にはそれぞれ十万円と、二十万円で組んでおり、合計二万円を毎月返済中です。ところが、どちらの業者も最大利子での貸付でしたから、いくら返済を進めても、全く返済額が減りません。別の消費者金融に借り換えようとしましたが、結局、審査を通ることが出来ずに、諦めています。金額的にはそこまで大きな額ではありません。ですが、ビジネスローンを初めて利用したところ、後悔しています。免許証や保険証さえ用意すれば、キャッシングで簡単にお金を手にすることができます。近年ではオンラインに対応したキャッシングサービスや、コンビニATMと提携した業者も増えています。このように気軽に手続きをして融資を受けられるので、意外と多くの人が利用しています。身近な人に保証人になってくれるよう頼まなくても良いですし、どう運用してもかまいません。そのため、他人からお金を借りるより精神的な負担が少ないでしょう。簡単にお金を手に入れられるので、自分の返済能力を超えた融資を受けないよう、注意してください。旦那さんの給料で返すということで、主婦が借入を安心して行えるような、夫に隠れて契約手続きが行える方法が、実はあります。銀行選びの際に「配偶者の同意書の提出不要」ということを絶対条件にして選べばいいのです。法律上、同意書を提出する必要はありませんが、銀行には提出を指示するところと、そうでないところとがあります。借入を行ったことを誰にも知られずに済ませるには、配偶者の同意書不要とする銀行で契約をしましょう。お金を借りるのはカードを使うものばかりではないといえます。カードを使わないキャッシング方法もあります。カードが無い場合は自分が持っている口座へと直接、お振込みしてもらうというやりかたで口座に直ちに入金したい方にはオススメのやり方です。現金が必要になり事業者ローンをする際にはそれぞれの業者の内容を比べてから決めますが、そのような段階において、とにかくまず第一に注視してほしい事柄として外すことが出来ないのが借金にかかってくる利息がどれくらいかということです。ほんの僅かな金利の違いに見えたとしても、大きなお金を借りようと思っている場合だったり、借り入れしている期間が長くなってしまいますと合計された返済金額をチェックしてみますとかなり大きな違いが出てきてしまうものなのです。申し込みは簡単でも、審査自体は業者がきっちりと判断しますので、事業者ローンの審査に通らないと悩んでいる人もいますよね。ですが、審査の時に嘘をついてしまうのはNGです。嘘は書類審査などですぐに発覚してしまいますし、返済の時にウソがばれると、即時、全額返済の対応を取られたり、停止措置がとられ、今後お金を貸してもらえなくなってしまいます。嘘をついたことが信用情報機関に登録されると、他の金融機関の審査でも不利になるので、結果的に、嘘をつくことは何のメリットも無いと理解しておきましょう。融資というのは高利金融やサラ金とも呼ばれる消費者金融から、規定された小額のお金を貸してもらう事を指します。一般的に金融機関からお金を借りる場合にはいくつか条件があったり、連帯保証人や保証金を万が一の場合に備えて準備する必要があります。その一方でキャッシングの場合は、保証人を用意したり担保を準備する必要がないので誰でも申し込みをすれば気軽に借りられます。条件としては本人確認できる書類を準備すること、これが出来れば通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。これはカードローンに限定した話ではありませんが、借金をする時に、最も貸す側にとって気がかりになる事というと、借りる人がちゃんと返済できるのか、その能力があるのかということですよね。その為に、住宅ローンの審査を受けようと思っても、カードローン利用が原因で、現実的に住宅ローンを返せるのか、あるいはそのような能力があるのか、という点を見るとあまりうまく事が進まない可能性があります。借金を断られたとき、審査に合格できない利用できない理由があります。収入が必要な額に届かなかったり、借り入れ過多であったりという理由がある場合だとだめと言われることがあります。確実に利用できるように条件をクリアすることが必要です。キャッシングで可能な限り早くスムーズにお金借りる方法は、パソコンや携帯電話でネット申込みをするのが良いです。対面で申し込む必要もなく、家などでくつろぎながら24時間365日いつでも手続きができて簡単です。web審査も素早くて平均1時間程度で結果が通知されるので、早期に契約手続きができます。キャッシングで返済が遅れるとどうなってしまうのでしょう。それは、借りた額に付く高い金利を支払う上に遅延損害金がかかったり、最悪のケースでは、個人信用情報の事故情報、ブラックリストに名前が記載されていまいます。もし、そうなりそうな場合には、金融会社に必ず申し出ることです。キャッシングとローンとは酷似していて混乱して同じものとして使っている人もいますが、本当は別物です。事業者ローンとローンの違いを解説します。キャッシングは自分が借りたお金を翌月の決められた返済日に一括で返済します。ローンは自分が借りたお金を一度ではなく分けて相手に返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的に事業者ローンをすることがしばしばあります。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら