商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングとカードローンは同様にATMで借りることができるので違いがよく分からないですが、返済方法に違いがあるのです。。キャッシングは一括払いが常識で、カードローンは分割払いがスタンダードになります。ですが、ここ最近ではキャッシングでも分割やリボ払いが選択可能なところもありますので、きちんとした境界線が失われつつあります。当日中になんとしてもお金が手元にないと困るけれども、銀行の残高はほぼゼロといった悩みを常に持っている、そんなあなたには、その日のうちに融資が受けられる事業者ローンをお勧めさせて頂きます。カードローンを行っている会社の多くでは、即日中にご融資というサービスがありますから、必要な手続きさえ行えば、即日でお金の融資を受けることも決して難しくありません。テレビや雑誌などで複数の金融機関のキャッシング広告を見たことがある方も多いのではないでしょうか。キャッシングの経験が無い人から見ると、サービスに違いはないのではないかと感じるかもしれませんが、金融機関によっては借入期間にキャンペーンを行っていたり、僅かな数字ではありますが、金利が違っています。こうした情報を踏まえてキャッシングを利用しなければ、一度ならすぐに返せる額でも、複数回キャッシングすれば、最終的に相当な額になってしまい、返済計画が狂ってしまいます。気軽な気持ちでキャッシングに手を出すのはやめておいた方がいいですね。仕事をまともにしていれば、返済できるだろうなんて甘すぎます。その仕事さえも奪ってしまうのが取り立てなんです。仕事場にかかってくる取り立ての電話により勤務先にいられなくなり退職せざるを得なかった人を大勢知っています。銀行や信用金庫などそれぞれの金融機関により借り入れすることができる限度の金額が違い、数万円ほどの小口や即日などの融資だけでなく、数百万円ほどにもなるまとまった額の融資についても利用者の状況に合わせて受けることが可能です。申し込みから融資までの間もスピーディーで、すぐに現金を受け取ることができますので、非常に便利使うことが可能になっています。金融機関が発行する専用のカードを用いて借りるという方法が幅広く利用されている方法でしょう。銀行や信用金庫など金融機関の種類によって各々借りることができる最大限の金額が違い、数万円程度の小規模なものや即日融資ばかりでなく、たとえば300万円や500万円などある程度の額の融資も手軽に利用することが可能な時代となりました。店頭やネットなどで申し込みをしてから融資までの時間が短く、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なのでさまざまなシーンでたいへん役に立ちます。それぞれの金融機関が発行する専用カードで借りるというのがよくある借り入れの仕方でしょう。借入は総量規制によって、借金限度額は限られてしまいます。借金があるかどうかによっても変わってきますから、出来るのであれば借金を少なくしてから、申し入れてください。借りられるのは年収の3分の1までだということは心に留めておいてほしいです。数社からキャッシングをして、一つに絞りたいときというのはもちろん出てきます。そんな時にはおまとめローンというものを使ってみてください。そんなローンを賢く利用することによって、すべての借り入れを一本化することができるということになります。返済を容易にできるようになる非常に良い方法です。事業者ローンの返済では、決められた手順で計画をしっかり立てて、返済を滞らせないよう努力が求められます。仮に返せなくなったら通常の利息を上回った遅延損害金の支払い義務が生じる上にブラックリストに名前が加えられて、新規に借り入れができなくなるため注意しなければなりません。お金をキャッシングするというのは、金融関係の業者より大金ではなく、普段使いする程度の額の融資を借り出すということを指しているのです。借金をするという場合には、まず最初の段階でその借金についての連帯保証人や、必要な分の担保が必要です。これが、キャッシングという借金の場合ですと用意が難しいことも多い連帯保証人や、不動産などの担保の要求をされませんので楽な気持ちで申し込めます。申込者に間違いがないという証拠になる本人確認可能なアイテムだけで、大体の場合、それだけで現金の貸し付けをしてもらうことが出来るのです。お金を借りる「カード」というと、クレジットカードとビジネスローンを同じように考えているケースが案外多いみたいです。キャッシング面だけなら間違うのも無理もない気がしますが、融資上限額は全然違うのです。物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の限度額が低く設定されており、ビジネスローンはローン機能のみなので高い上限額(500万とか)が設けられていて、クレジットカードのキャッシング枠に比べると10倍から数十倍ほどの差があるんですよ。ATMなどでお金を借りる時はスマホのみで申し込みからキャッシング契約完了まで行える方法を探すと即日融資となりやすく、お金の準備時間節約にも一役買います。iPhoneやアンドロイド携帯を使って申し込むと良い点は電車やバスに乗っている時でもやりたいときに簡単に入力必須項目を送信でき、いきなりお財布がピンチになってお金が要る時にも力になってくれることです。キャッシングは利便性が高いですが、時として、その利便性のせいで生活が破綻するリスクもあります。キャッシングは他種のローンと比較すると圧倒的に使いやすいですが、高めの金利が設定されているので、節度をもった利用を心掛けなければ、返済能力を簡単に超えてしまいます。キャッシングに慣れてしまい、自分の財布のような感覚でキャッシングを利用してしまうと、借金地獄に陥る可能性があるのです。キャッシングの返済は絶対厳守です。滞納はもちろん、他のキャッシングで返済金を工面するのは以ての外です。返済できないと思ったら、身近にいる頼れる相手にお金を借りて、多少のゆとりをもちながら返済する方がいいでしょう。もちろん、それ以上のキャッシングは厳禁です。ところで、ビジネスローンの審査基準は、利用可能かどうかを判断する目安として、大まかには情報が開示されています。本来、この基準は厳密でシビアなものなのです。しかし、その線引きは担当者の判断で可否が分かれるなんてことも、あるそうなのです。それぞれが持つ事情を、一律の判断基準によってはっきりと分けて考える事が出来るのかといえば、難しいことが分かりますね。事業者ローン初心者のかたでしたら、1枚のカードでコンビニでもお金がおろせるカードローンは便利でおすすめです。思いついたときにネットで申込手続きできて、いわゆる本人確認はアプリやFAXを使って社員証などを送ればOKだったりしますので、いつでも迅速に手続きできます。あまり多く借りるのでなければ、すぐに返せば無利息で借りれて年会費もかからないので、安心のために持っておくと良いでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら