商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

カードローンやキャッシングというのは、金融業界の会社から基本的には大金の借り入れではなく少額を借りるという借金の手段の一つとして考えてみてください。大体多くの場合お金を貸してもらうのであれば債務者当人以外に保証出来る人や、価値のある資産を提供することになります。ただし、いわゆるキャッシングを利用するというケースならば、本来必要となる保証人、そして担保といった万が一の補填の用意は必須項目として考えられているわけではありません。申込者が間違いなく本人であるという証明になる書類を出せば、その情報だけで融資を受けることが出来るので便利です。住宅ローンのように利用する目的の決まりがなく希望額分を借りられるのがいわゆるフリーローンの魅力的な部分です。その資金を何に使うのか問われた際、例えば予想外の出来事で急に入用だというような必ずしも大きな事に利用しなくても良いのです。「引っ越しの為」などは後々連絡がつかない恐れがある為に懸念されるようです。法律で禁止されてはいませんが、現在借入をしている分の返済も言語道断です。どんなに甘い審査のところでも断られてしまいます。現金を融資してもらおうとする際に注目しておいた方がいいのが金利になります。キャッシングの金利はほとんどの場合は高いので大きな額の借り入れをしてしまうと毎月の金利も多額になり、返済が困難になってしまいます。キャッシングを行う際には金利をきちんと計算して借りることをおすすめします。キャッシングというものは、収入がない専業主婦の方でもできることは、知らないという人がたくさんいると思います。ただ、専業主婦の方でキャッシングを利用するためには条件があり、総量規制の対象外である銀行であれば、キャッシングをすることが出来るということです。例えば急な融資が必要になったり、まとまったお金が必要になることは誰にだって起こり得るでしょう。そんな時、友人関係や親類関係を頼ろうとを考えている人もいると思います。しかし、金銭トラブルで揉めるリスクを回避したいということで、取り急ぎ銀行での借り入れを検討されることもあるでしょう。皆さんご存知のように、銀行は条件によってお金を貸してくれます。しかし、必要書類の準備や申し込み手続きを経て、審査に合格しなければいけません。また、保証人を探す必要もありますから、銀行でお金を借りる際の鬼門になります。銀行は手続きが面倒、でもお金が必要、という場合には事業者ローンがおススメです。手続きも簡単で保証人も必要ありませんから、利用者は少なくありません。もし、金融機関からお金を借りる場合、キャッシングとビジネスローンのどちらを選べばよいのでしょうか。どのように使い分けたらいいのかしっかりと理解できていないという人も珍しくありません。それぞれのサービスの特徴としては、キャッシングは数万円程度の小口融資が基本になります。その一方で、最大で数百万円までの借入限度額がある大口融資で、返済方法が分割払いのサービスがカードローンと呼ばれるものです。大口融資に対応したカードローンは、厳しい審査をパスできなければ利用できません。キャッシングはまず自分の状況を把握してから出費がかさんでしまったというときなどに借り入れすればとっても重宝するものだと考えられるのですが、見逃してはならないこととして念入りに計画をせず考えないままで返済出来るであろうと思われる金額を実際の借り入れ金額が上回ってしまったという場合には収入と返済額のバランスが取れずに生活が苦しくなったりいわゆる自転車操業の状態に陥ってしまうことも珍しくないので注意を怠ることなく使用していきましょう。当然のことですが、キャッシングの返済期限は厳守するようにしましょう。仮に、借りたお金を返済期限までに用意できず滞納してしまったら、しばらくして、申し込み時に記入した希望連絡先に電話がかかってきます。例えば勤務先や親族など、無関係な場所への連絡は控えてくれますし、直接、家に取り立てにやってくるという話は聞いたことがありません。ですが、電話だけなら大した問題ではないとは思わないでください。延滞し続けていると、信用度がガタ落ちし、事故歴アリのブラックとして信用情報機関に登録されてしまい、お金を借りることはもちろん、他の業者のローン契約すら利用できなくなるかもしれません。改正された貸金業法で1社で50万、もしくは他社と合わせて100万を超えるキャッシングの場合は年収を証明する必要がありますが、ひっくり返して言えばそれより下であれば年収を証明する書類は提出しなくてよいと言うことができます。ですが、それ未満でも年収証明を提出できるほうがより良いと考えられます。キャッシングの支払いができなくなってくると、返済を続けても債務が増えるばかりなので、いっそのこと踏み倒そうかと目論む人もいますが、ハッキリ言って逃げ切れる可能性は相当低いです。法律の規定では、5年間全く返済や借入を行わなければ借り逃げに成功したと言えますが、業者からの連絡が付かないよう、相当な手回しをして逃げる必要があります。しかも、業者側が裁判や差し押さえなどの手続きをとってしまうと、その時点で時効が中断され、場合によっては10年延長されることもあります。踏み倒しを成功させるのは、人生を捨てるほどの覚悟が必要になります。キャッシングを行っている会社は多く、簡単に借りられないキャッシングと気軽に借りられる事業者ローンが存在します。どうせ借りるのであれば借りやすい方を選ぼうと思いますよね。どんな所が借りやすいかといわれれば端的に言うことはできません。最近では大手銀行のビジネスローンであっても手軽に借りられるようになっています。今すぐお金を用意しなければならない場合、申し込みから融資までがスピーディーなオンラインキャッシングを検討してみてください。キャッシングには審査がありますが、審査をパスできないとお金を手にすることができないため、審査に長く時間がかかって欲しくない場合にもおススメできます。ご自身で指定した口座で融資を受け取れるものもありますから、事前に総合情報サイトなどで自分に適したサービスがあるかどうかチェックしておくと良いでしょう。昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、カードローンやキャッシングの金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。とはいえ、利息を制定した法律(利息制限法)では18%の金利までしか認められないのに、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸付できる特例があります。いわゆる法解釈の問題ですが、11.2%の開きは大きいですね。黒でも白でもないということで、グレーゾーンと呼ばれているのはそのためです。近年は、CMなどで記憶している人も多いのではないでしょうか。過払い請求とは、グレーゾーン部分の金利を払った人が返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。インターネット環境が広く世間に普及してからはPCやスマホを通じてネットキャッシングできるようになったため、手軽で便利に利用することが可能になっています。また、実際にお金の借り入れが可能であるのは18歳以上という場合もあるようですが、ほとんどが20歳以上でしっかりと安定した稼ぎがある人だということです。キャッシングにかかる金利はそれぞれ会社により違っているので、いろいろ調べてみましょう。最低水準の金利で借り入れができるような会社を選択すれば金利の差分節約することができます。商工ローンが悪いというわけではありませんが、事業者ローンをするのは簡単で便利ですが、頼るものがないときの最後の手段だと思っています。娯楽や趣味の支出は借りてまでするべきでしょうか。「借りて、返す」は当然ですが、借金がなかった頃に比べると生活が楽になるとは思えません。むしろ逆で、返しては借金するという繰り返しに陥っている人もいます。そうならないようにするためには今後の収支を考え、これなら絶対大丈夫だという額にとどめておけば、本当の意味でキャッシングは役に立ってくれるでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら