商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、利息を払い過ぎていて、過払い金が発生しているかもしれません。かつて商工ローンの一部の業者は、罰則がないという理由で違法な高金利でお金を貸していました。この時に払い過ぎた利息のことを過払い金と呼びます。具体的には、20%を超えた金利で借りていたというケースでは過払い金の請求ができます。発生している過払い金は業者に請求することで返還されますが、完済してから10年以上経っているという場合は時効になりますので、これらの条件にあてはまる可能性がある人は早速調べてみてください。キャッシングでお金を借りるときは、借入先を1本に絞っておいたほうが、うっかり期日忘れもないですし、返済が滞る危険を回避できて良いと言います。とはいえ、もう1社くらいなら借入先を増やすことによる利点があるのも事実です。年利の低さは総返済額削減に直結しますが、1社目より低金利な融資を提供していたり、融資限度額を考えると会社によって大きな違いがあり(800万円という会社もあります)、明らかに2社目を利用するほうがトクになることがあるときは別の会社からの借入を検討する価値があると思います。どんな目的で使うのであっても希望額分を借りられるのがカードローンの手軽さの一つではないでしょうか。ビジネスローンの申込時に用途を伝えるときに、例えば予想外の出来事で急に入用だというような日常のイベントが目的でも構わないのです。ですが、何かへの支払いという理由は使わないようにしてください。法律で禁止されてはいませんが、現在借入をしている分の返済も認められません。他のことで評価が良くてもその理由で審査は通らなくなるでしょう。キャッシングの審査に通過するためには、条件として定期的な収入を得ていることが必須になります。正社員として会社に勤めていれば問題ありませんし、場合によってはフリーターやパートで働く方もキャッシングを利用できます。ですから、定期的な収入の望めない無職やニートはお金を借りることはできません。専業主婦の場合、どの金融機関でも契約可能というわけではありません。ノンバンク系(消費者金融、信販会社など)ではなく銀行系のカードローンを選んでください。こちらであれば、お金を貸してもらえます。事業者ローンの利用条件には安定収入があるということが必須になります。一般的に、専業主婦や専業主夫は会社などに勤めていないということですが、婚姻関係があれば事業者ローンの審査に通るかもしれません。もちろん、パートナーに定期収入がなければ審査に通るのは難しく、ご自身が会社員の場合と比べると、借入限度額が低くなります。他にも、無職の場合でもキャッシングできる方法があります。例えば配偶者や家族が持っているクレジットカードの家族カードのキャッシング枠を使えます。また、年金受給者であれば、一部の業者ではお金を貸し付けてくれます。業者によってカードローンの返済方法に違いがありますので、整理してみます。はじめに銀行系の場合、基本的には口座引き落としですよね。その一方で、消費者金融や信販会社への返済は、口座引き落とし以外にも、振り込みやATMで返済することができるので、便利です。どのような返済方法をとるにしても、手数料を安くできる方法で返済するのが一番良いと思います。キャッシングというフレーズは、いわゆる貸金業者からとりあえず金額的には小さいと思われるお金の貸付けを借り受けるという状況で使われています。金融関係の会社から借金をするのであれば、一般的にもし返済が出来なくなったら…ということを想定しての準備が要ります。これが、キャッシングという借金の場合ですと用意が難しいことも多い連帯保証人や、不動産などの担保の要求をされませんので楽な気持ちで申し込めます。ごく普通に使用している免許証や保険証などを提示すれば、大体の場合、それだけで現金の貸し付けをしてもらうことが出来るのです。お金を借りようと思うときに比較をするということは必要なことであると言えますが、比較する上でもっとも重要なのは金利がいくらなのかという事です。金額がそんなに多くなく短期間で返済が出来るなら金利以外の条件を重視して利用しても良いですが、借りる額が多いとか返済期間が長くなる時には出来れば低金利を選択した方が良いです。20歳を超えた学生でアルバイトなどで定期的に給料をもらっているようであればキャッシングで融資を受けられます。同様に、アルバイトなどの安定収入があるのなら、学生ローンでは18歳以上から借入できますし、事業者ローンに比べると低金利のところが多いです。あるいは、これを期にクレジットカードを作るのもおススメです。事業者ローン枠が付いているものに申し込めば、そこから貸付金を融資してもらうことができます。しかし、どの方法を採るにしても、バイトなどで収入があることが絶対条件になります。学業が忙しい場合もあるとは思いますが、収入なしでも融資を受けられるようなキャッシングは、法に従った業者ではないと理解しておいてください。もし前歴があって融資が受けられない人でも、一応、ローンは組めるようです。とは言っても、知名度の高い老舗金融業者や銀行などではブラックの人が審査に通る可能性は限りなく低いので、無名か、あるいは中小規模の消費者金融から借り入れます。脅かすわけではありませんが、それらの会社は知名度がもともとないですから、少しくらいの悪評は気にしない場合が多いようですね。もし優良店ならクチコミで大人気になっているでしょう。借り入れる為にカードを使うときは、その業者、あるいは提携しているところのATMを使いますが、全ての業者が同じコンビニと提携している訳ではありません。近所にあるコンビニのATMを使える業者であれば、そこで借入はもちろん、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。カードローンを選ぶ際、こういったことも念頭において選べば、便利に利用できるようになります。キャッシングという名称は、俗に言う貸金業者などから、ちょっとした分の現金の貸し付けを望む際に用いられる借金の一つのケースです。貸金業者からの借り入れをするという際には、通常であれば連帯保証人の契約や、土地や不動産を担保にしなくてはなりません。ところが、キャッシングであれば他のローン手続きとは異なり本人が返済出来なくなった時のことを考えた弁済方法を用意しておく手続きを省くことが出来るのでスムーズに進められます。申込者の身元や身分を証明することが出来る資料一つで、大方の場合借り入れが出来る状態になるものなのです。多くの方が「非正規雇用の場合でもビジネスローンの利用が出来るのか」と疑問に思っているかもしれませんが、問題ありません。当然、返済は義務ですので、審査基準に一定の収入が求められるのは間違いありませんが、それは一概に正規雇用でなくてはならない、という訳ではありません。ですので、アルバイトとかパートの人の場合も毎月一定の給料を貰っているのなら、審査を通過する可能性は充分にあるのです。カードローンに限った話ではないのですが、借金をしようとした際に、お金を貸す側が最も重視するのが、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。それゆえに、住宅ローンの審査の段階でカードローン利用が原因で、現実的に住宅ローンを返せるのか、その力があるのかどうか、という点では不利になると言わざるを得ません。お金が急に必要になりキャッシングを利用したい場合でも債務整理中だからお金の借り入れはできないと断念している人も多いと思いますが、諦めるのはまだ早いかもしれません。きちんと調べてみると債務整理中といったことであってもお金を貸してもらえる金融機関は存在します。諦めるよりまず探してみるといいでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら