商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

ほとんどのキャッシング業者では借入金の受け取りに複数の方法を用意していますので、ご自身にとって都合の良い方法を選びましょう。昔ながらの方法としては、事業者ローン用のカードで最寄りのATMから貸付金を引き出すというやり方です。また、パソコンやスマートフォンから銀行口座に融資を入れてもらえるよう申し込んで、後からATMでお金を引き出すことも使っている人が多いです。中でも、後者の方法であれば、わざわざ専用のカードを用意しなくてもスマートフォンやパソコンの操作で融資を受けられるので、もし、財布を失くしてしまった時も使うことができます。もしも、お金を貸せば、災難に巻き込まれることになるでしょう。名前を借りることだけでも避けるべきです。軽い気持ちでお金を借りようとして金融業者に返済能力を確かめるために、年収の証明書類を出すよう求められることも多いです。それを提出したにもかかわらず年収の三分の一までしか貸すことができないと言われるのです。そうなると、次にやりがちなのは、他人の名前を騙ってお金を借りることでしょう。ただ、これもお金を貸してもらうのとほぼ一緒ですから、やめてください。たとえ、急な怪我やトラブルなどに巻き込まれてしまったのだとしても、借入金の返済期日を忘れてしまい、返済を滞納してしまうのは絶対にやってはいけません。返済を放置すると10年近くは事故情報が残りますので、今度、数年間は全ての金融機関で、ローンやキャッシングの契約が厳しくなるでしょう。保証人も必要なく、担保を用意しなくても借入ができるということは、約束通りの返済があることを信じてお金を貸すわけです。契約を守らなければ、信用が損なわれてしまうでしょう。そのような可能性のある行動はやめましょう。キャッシングも身近になったもので、テレビや雑誌の広告でキャッシングの宣伝を打ち出している所が増えてきました。実際にお金を借りたことがない人には、サービスに違いはないのではないかと思う方もいるでしょう。ですが、同じ条件でも業者によってキャンペーンを行っている場合もありますし、僅かな数字ではありますが、金利が違っています。これらの情報はあらかじめきちんと把握しておかなければなりません。適当にサービスを選んでしまうと、金額自体は少額でも、借り入れがかさめば、想像以上の額に膨らんでしまいます。いくらキャッシングとはいえ、誰にも無条件でお金を貸してくれるわけではありません。もちろん、事業者ローンサービスに申し込みをした後には審査があります。無事に審査を通れば、早い時間に申し込んでいる場合、当日中にお金を手に入れることができます。しかし、審査に落ちてしまうと希望の融資も受けられません。業者にキャッシングの申し込みをすること自体はタダでできますので、まずは申し込みだけでも済ませておけば、急にお金を用意しなくてはいけなくなった時に、申し込みや審査の必要もなく、すぐに融資が受けられるでしょう。今すぐ現金が手元にないといけないのにも関わらず、蓄えが無いという悩みをいつも持っているという人には、当日中にすぐにお金を借りられる事業者ローンが何よりオススメとなっています。カードローンを扱っている会社では大抵、即日融資可能なサービスがあり、手続をいくつか行うことで、その場で融資を受けることだって決して難しくありません。キャッシングの審査について、どのようにすれば通過しやすいのか考えている人も多いと思います。しかし、どうしても事業者ローンが必要だからといって、審査の時に嘘をついてしまうのはNGです。申請者の返済能力と信用を見るのが審査の目的ですから、事業者ローン会社も申請内容の裏付けを取ります。勤務先や年収などで嘘をついたら、真っ先に審査落ちの対象になりますし、返済段階で虚偽が認められると、早急に一括返済する必要があったり、停止措置がとられ、今後お金を貸してもらえなくなってしまいます。このような情報が信用情報機関に登録されると、他の業者からもお金を借りることができなくなりますから、嘘は書かない方が賢明です。入社三年目で後輩が何人かできて、気が大きくなっていたのかもしれません。後輩たちのランチ代や、夜、外に食べにいくときの費用を払ったりしていたら、月中くらいになるとすでに懐が厳しくなってきました。クレジットカードのことは、作ってすっかり忘れていたのですが、「キャッシングを使えばいい」と気づいたときは、正直ホッとしました。設定した記憶はありませんでしたが、たしか20万くらいでしょう。いちいち審査を受けなくても手軽に借りることができ、返済も分割を設定できます。最初に不足分を大きく借りたのがいけなかったのかもしれませんが、枠の上限まですぐに使いきってしまい、焦りました。ネット社会がわれわれの生活に浸透してからはPCやスマホでお金を借りられる時代となり、あまり構えず手軽に利用できる環境にあります。ちなみに、借り入れが可能な人の条件としては18歳かもしくは、20歳以上で仕事に就いていて継続的で安定した収入が見込めるような人です。個々の金融会社により事業者ローンにかかる金利は異なりますので、気をつけて調べてみてください。なるべく低い金利で借りられるような金融会社を探すことが重要なポイントとなってくるでしょう。キャッシングで融資を受ける場合、それぞれの条件(借り入れ限度額、審査時間、融資にかかる時間、借入方法、返済方法など)によって、都合の良いキャッシングサービスは個人によって違います。とは言っても、業者の数も多いので、都合の良いところがあると思います。こうした情報に特化した総合情報サイトなどそれぞれの事業者ローンサービスについて詳細な情報を掲載しているサイトを閲覧してみると簡単に希望のキャッシングサービスを見付けることができます。キャッシングの契約には身分証明書が必須になります。用意する身分証は運転免許証で十分ですが、なければ保険証のような本人しか所持できないものを用意してください。本人確認としては顔写真が付いているものが効力が高いため、健康保険証を使う予定であれば、住所確認ができる郵便物を揃えて出し、確認精度を高める必要があります。一部の業者では、保険証だけでも運転免許証と同じように使えるので、あらかじめきちんとチェックしておきましょう。キャッシングでお金を借りている人は現在の金利をきちんと把握しておきましょう。それだけでなく、今後、利用する可能性がある会社の金利も意識しておいてください。今より金利が低い会社に出会えたら、借り換えすることで、月々の支払額を抑えることが可能になります。金利の差は、ごくわずかのように見えても年単位で見ると負担の差はかなりのものになります。パソコンで現金自動支払機での事業者ローンを検索したときには、審査基準が緩く、即効でお金を手にすることが出来ると謳っているサービス展開をしている業者もたくさんあります。ただ、スピーディーな貸し付けだけをウリにしている場所は長い目で見るとかなりの損をする計算になっていたりきちんとした会社ではない貸金業者であることもあるので十分にチェックしてから利用するようにしましょう。世間一般の考えとして、緩すぎない審査をしている所ですと金利も法外ではない適正なものが設定されているために心配なくキャッシングをすることが出来るのです。最近では、もはや当然のことかもしれませんが、無人契約機の登場は新たなキャッシングサービスの時代の始まりでした。無人契約機がなかった頃には、店頭の窓口で申し込むのがほとんどでした。最近では、外出する必要もなくなりました。スマホを持っている人なら、公式のアプリを入手すればそのまま契約申し込みできるのはもちろん、返済の計画を立ててくれるものもありますから活用してみてください。個人事業主として数年の経歴を持っています。収入面では、まぁまぁ良い時もあればもちろん、悪い時もあるのが現実です。パソコンのディスプレイがダメになって、パソコンを大至急で用意するために、今回は事業者ローンでの購入を検討していますが、今までローンの審査などとは無縁だったので、いまいちよくわからないのですが、正規雇用者ではない場合にも利用できるでしょうか。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら