商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

法律で定められたキャッシングに関する規制というと最も有名なのは、総量規制というものです。キャッシングの額が年収の3分の1という趣旨のものです。この規制そのものは消費者金融に対するものですから、この法律と管轄の違う銀行では、適用外になります。他社でも借り入れがあるとそれらも含めた借金総額が判定額になります。普通、無職ではキャッシングは利用できません。安定した定期収入があることがキャッシングの利用条件になるからです。しかし、例外もあります。無職は働いていない状態を指しますが、婚姻関係があれば銀行系のキャッシングなら審査をパスできると思います。ただ、配偶者に十分な収入がないと厳しいです。また、借入限度額も会社員の場合と比較すると低くなるでしょう。なお、最近人気が高いのが家族カードを使ったキャッシングです。無職であっても配偶者のクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、家族カードに付帯しているキャッシング枠の範囲内でお金を引き出すことができるでしょう。もう一つ、無職であってもお金が借りられる可能性があるのは年金受給者です。年金という安定した所得がある場合はキャッシング利用可能な対象になります。キャッシングはどう利用するかで便利さが際立ちます。他方で、キャッシングを用いるためには、クレジット会社などで審査を受ける必要があります。この審査で落ちた人は、これまで3か月以上返済が滞ったりしてクレジットカードが強制的に解約したことがある、いわゆるブラックリスト入りしてしまった人です。新しくカードローンを申し込むと、かならず審査があります。そのプロセスのひとつとして勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。私用電話が携帯でなく会社の電話にかかること自体珍しいので、事業者ローンだなと気づく人がいるかもしれません。どうも気分の良いものではないですね。でも、このような確認の電話を行わずに借り入れできる金融業者も増えています。それも、闇金ではなく超大手の会社です。職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、会社や組合の名前が入った保険証などで済ませてもらえます。書類提出のためのスキャナがない人は、携帯のカメラ機能があれば大丈夫です。借金体験って、あまり人と話しませんよね。実は自分は事業者ローンでけっこう痛い目を見ていたんです。残業が多くて夕飯を外食にすると、つい飲んで、タクシーで帰ったりしていたら、たとえワリカンでもあっというまに金欠状態になり、そのあとはごく普通の流れで過去に一度だけ利用したことのある事業者ローンに手が伸びたんです。しかし余裕ができるのは一時的で、そこでやめておくということをせず使い続けたので、利息ばかり返していくようになり、これではマズイと保険を解約したお金とボーナスで一括で繰上げ返済しました。親戚にも交際相手にも言えないですね。誰でも1枚持っているクレジットカードには「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」という3つの枠が存在します。使用可能な金額の上限範囲内には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が挙げられるようですが、私は普段からショッピングの時にしかカードは使用した経験がありません。ですから、どのような手順でキャッシングは行えば使えるようになるのでしょうか。ぼんやりしているので手持ちが心細くなった時のために知識が欲しいと思っています。あまり知られていませんが、初めてお金を借りようと事業者ローンに申し込んだ人に比べて、経験済みの人の方が審査の時に優遇されます。もちろん、以前のキャッシングで返済をきちんと支払っていた人の話です。これまでにキャッシングを利用したことのない人は、多重債務者でないという意味では信用度は高いですが、同時に返済したことがないので、信用できる人物なのか分かりにくいためでしょう。多くの場合、カードローンの契約の際、必要な書類は身分証明書だけで良いです。もし、50万円以上の借入を行う場合や、周期的な給与が出ない職業に就いている際は、加えて収入があると判断するのに書類の提出も必要です。さらには、勤務先への在籍確認を書類提出を代替物として済ませたい場合、状況に応じた代替品を用意しておきましょう。消費者金融などからのキャッシングというのは住宅ローンなどとは異なり、生活に使う少ない金額を貸していただくという契約のことを言います。他の大きな金額のローンなどの場合、借金契約を結ぶときにさまざまな保証をきちんと用意する必要が出てきます。ただし、少額のキャッシングということであるならばわざわざ連帯保証人を付けたり、物件をカタにする時間や手間はかからないので安心してください。運転免許証などの本人だと確認出来るものを持っていれば、問題なくお金を借り入れすることが出来てしまいます。キャッシング経験が無い場合でも、事故歴として信用機関に登録されてしまうものがあります。携帯電話料金やクレジットカードなどの返済期限に遅れてしまい、延滞したことがある場合が該当します。およそ5年から10年はこの情報は記録されますから、かなり昔の滞納のせいで、キャッシングやローンの審査が通らなくなったという人も珍しくありません。さまざまな料金支払いは、面倒になってつい後回しにしがちです。でも、うっかり滞納したりすると、必要な時に融資が受けられなくなる可能性も有ります。そうならないように、返済は絶対に期限を厳守するようにしてください。キャッシングという名称は、俗に言う貸金業者などから、ごく少ない額のお金の貸し付けをして貰うといったケースの借金を指しています。融資をしてもらおうと思ったときには、その他のタイプの契約ですと現金で返せなくなったときの担保や、代わりに返済する保証人が必要です。キャッシングはそういった借金のタイプとは違っていて保証人の依頼をしたり、資産を担保に入れたりといったような手順を踏むことは必須項目として設定されているわけではないのです。免許証やパスポートといった公的な本人確認書類を見せれば、よほどの事が無ければ現金が自分の手元に渡るようになっているのです。数多くあるキャッシングサービスの中には、ブラックでも融資してくれる業者も意外と多いです。ところが、そのほとんどが悪徳業者が提供している事業者ローンサービスなので、迂闊に申し込まないよう、きちんと情報を集めておきましょう。一般的に、審査基準が甘くブラックでも借りられるキャッシングは利率がとても高くなりますから、あまりにも金利が低いといったケースでは気を付けなくてはいけません。キャッシングを謳った詐欺サイトや闇金融で、更に借金がかさむかもしれません。そのほかにも、返済条件についても注意しておきましょう。返済方法次第では、結果的に返済手数料にお金がかかることになってしまいます。ネット申し込みが可能な業者では、サイトを通して、カードローン契約まで可能な便利なWEB完結方式を使用可能なところが少なくありません。WEB完結の場合には身分証明書や収入証明書といった紙の書類の提出は必要なく、デジカメやスマホで撮って、データを添付して送信するだけで完了します。それに、勤務先へかかってくる確認の電話も職場にいることが分かる資料を提出するだけで良いので、会社の営業時間外であっても待つことなく契約ができます。キャッシングといえば、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済の方法が異なります。一括で返済をするという目的でクレジットカードにより現金を引き出すのが事業者ローンで、分割払いにかえる際はカードローンと呼んでいます。カードローンは毎月の返済は容易ですが、利息がかかりますし、どちらにしても延滞の際には注意をしなければなりません。皆さんご存知のように、現金を借り入れることをキャッシングといいます。その多くは、消費者金融や銀行が提供するカードローンを利用したり、キャッシング残高の残ったクレジットカードで現金を貸してもらうことです。キャッシングサービスで借りたお金には金利が発生するので、利息分を含めた金額を返済しなければなりません。このような利息の付き方は、クレジットカードの支払いも同様です。具体的には、一括払いで商品を購入してもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、注意が必要です。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら