商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

サークルやイベントごとなど、大学生ともなると、お金が必要になる機会が増えるでしょう。もし成人済みで少額でも収入を得ている場合、キャッシングで融資を受けられます。学生ローンなら未成年の借入もOKですし、金利も低めになっています。あるいは、これを期にクレジットカードを作るのもおススメです。キャッシング枠が付いているものに申し込めば、そこからお金を借りられます。ここまで述べたように、学生だからといって決してキャッシングが不可能ということはありませんが、どの方法でもバイトなどで収入があることが絶対条件になります。学業が忙しい場合もあるとは思いますが、返済の見込みもない学生に融資してくれるのは闇金や違法な業者しかありません。何社以上の事業者ローンサービスを利用すると問題になるのかということですが、その人の職業や収入など、社会的信用度の高さで判断されます。しかし、多数のキャッシングサービスを利用すると、最悪の場合、多重債務者として信用機関に登録されてしまうかもしれません。おまとめローンで複数の事業者ローンを一本化しようとしても、もし、4社以上のキャッシングサービスを利用している場合、審査での評価が厳しくなるでしょう。今後も定期的にお金を借りたいと思っているのなら、できるだけ少ない業者でキャッシングするようにしましょう。近頃は銀行やコンビニATMなどを使えば手軽にお金が借りられるようになりました。ただ、システムそのものは素晴らしいですが、問題がないわけではないでしょう。やはりユーザーの冷静な判断力や常識的な金銭感覚が大切だと思います。それが欠けていると場合によっては危ないことにもなると思います。銀行やローン会社の窓口での借入なら、会話をしていくうちに冷静になって、客観的にみても問題のない判断ができそうですが、PCやスマホの前で一人で、というのも落ち着くかもしれませんが、対面ほど良い判断ができるかはわかりません。サッと借りて簡単に返せるキャッシングは上手に使えば有難いものです。ただ、甘く見積もって利用していると、返済に回すお金に苦労するようになって、こんなはずではと思う羽目になります。うまく使うには、コツがあるのです。借りたお金はかならず出ていく(返済する)ことを意識して、その範囲内で堅実に賢く利用すると、キャッシングのメリットを感じることができるでしょう。上手にキャッシングを活用するポイントとして、申込する前に各サービスのメリットとデメリットをしっかり理解し、ご自身にとって一番便利なサービスを探しましょう。業者によって利率も異なりますし、新規契約限定の無利息ローンが使えるのか、あるいはその期間や、申込方法の違いも調べておきたいものです。また、実際にキャッシングを利用する時のことを踏まえると、利用できるATMの場所や数、手数料の有無などもチェックすることをおススメします。ATMは事業者ローンで最も利用するものですから、キャッシングを便利に活用できるかどうかを左右するという点では、実は最も重大なポイントなのです。キャッシングでお金を借りるには、勤務先及び勤続年数の申告が必要です。債務者になろうとする人物の返済能力の有る無しを確認する目的です。そうすると、職場に在籍の事実を確認する目的の電話等が入ることになります。勤め先には知られたくないので連絡が来るのは困るという人もいるかと思われますが、近頃は商工ローンでないように装う配慮をしてくれるでしょう。ときどき、インターネットや雑誌の中でクレジットカードの現金化を謳う宣伝を見ることがあります。クレジットカードのショッピング枠を使ったものなのですが、いわゆるキャッシングと同じものだと考える人も珍しくありません。事業者ローンは業者にお金を借りることですが、クレカ現金化というのは、ショッピング枠のあるクレジットカードで何らかの商品を購入して、専門業者に売り、現金を受け取ることを指します。カード会社はこうしたクレジットカードの現金化に罰則を設けています。クレジットカードで買った商品は返済が完了するまで、カード会社の所有物となるからです。発覚すると利用停止のリスクがありますし、購入金額と売却価格を考えた時、その差額が大きく返済費用にも満たないので、結果的に損をしたのと変わりませんから、やめておいた方が賢明です。キャッシングし過ぎには気を付けないといけません。なぜなら、やがて債務を複数抱えてしまう状態になるからです。消費者金融にしろ、銀行系のカードローンしろ、一社で貸してもらえるお金ってここまでという金額が設定されているものです。ということは、返済日が来たら、返済に必要な金額をあてのあるところから用意してこないといけないのです。これを何回も行うと、多重債務者が出来上がります。近年、大手金融業者は契約用のタッチパネル式の契約機を各地に置いています。審査が出来るだけではなく、ローン用のカードも手にすることができます。例えば、それ以外の方法で契約処理をしていてもカードだけを契約機で受け取ることもできます。家族に知られるのが困る人や、カードが届くまで待てない人は契約機を利用しましょう。予期せぬトラブルなどが発生した場合、少しまとまった出来るだけの現金が入り用になり、必要なお金をキャッシングをしようとした場合、どのローン会社のキャッシングを選べば良いのかかなり迷う事もあるかと思います。そういう時には、ひとまず落ち着き頭を整理し、インターネットからカード会社の書き込み情報や口コミサイトを見てカードを実際に利用して借り入れした人の評価が良いところを申し込みし、試みてみるのもなかなか良い方法だと思います。住宅の購入にあたっては、金融機関が提供する住宅ローンの利用を検討される方が多いですが、この住宅ローンの申し込みの時にキャッシングしたことのある人は審査に落ちやすいというのはよく聞きます。キャッシングを利用する人は金銭管理能力に欠けるということなのでしょう。未だに全額返済が済んでいないという場合や、滞納したことがあれば、おそらく一般の住宅ローンの利用は無理だと覚悟しておきましょう。ですが、完済して五年以上経過しているのなら、審査でマイナス評価されることは少ないようです。キャッシングやカードローンでは、借り換えを上手に使っている人たちがいます。簡単に言うと、期日までの返済が苦しいときに古い債務を完済するために新しくローンを組むことです。間に合わなくて延滞履歴がついてしまうこともありませんし、返済日を先延べすることができます。借り換えでも審査はあるため、日にちに余裕を持って申し込みたいですね。また、新たなローンは従前のものより金利が高かったり、返済期間が長くなるため総返済額が増えるなどの短所も理解しておきましょう。それでも借換が必要かどうか、自分の返済プランと照らしあわせた上で考えることが得策です。キャッシングとローンはよく似ていますから混同して使用している人もいますが、実は異なるものです。キャッシングとローンの違いをお話します。キャッシングはその時借りたお金を翌月の決められた返済日に一括で返済します。ローンは自分が借りた金額を分割で少しずつ返していきます。給料日まで何とか過ごせるように事業者ローンを利用する場合がよくあります。キャッシング利用時の最低額はいくらなのか気になる所です。会社のうち、多くが最低1万円から使えるようになっているのですけれど、会社により、1000円ごとで利用可能です。最低額としては1万円位を基準としておけば大丈夫でしょう。一口に事業者ローンと言っても銀行が提携したキャッシングといわゆる消費者金融などのノンバンク系のキャッシングに大別されます。いわゆる銀行系と称される、銀行が提携したサービスの利点を挙げると、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、配偶者が安定して稼ぎを得ているのなら、専業主婦でも借入することが可能です。業者の数が多く、さまざまな条件に対応しているのが消費者金融で、短期間の貸付であれば無利息のサービスもあるため、短期間で利用する際には役に立つでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら